ロゴ

お問合わせ
TEL:011-200-2277

交通事故

私は大の車好きで,サーキット走行などもしますので,車の構造や動きに詳しいです。
交通事故では,事故態様が争いとなることが多いです。ドライブレコーダーがなければ,車の損傷写真ぐらいしか客観的資料はありません。損傷写真から分かる双方の車の動きや,損傷範囲や深さから分かる衝撃の強さなど,保険会社や裁判所に分かりやすく説明することが大切ですが,車の構造や動きを理解できていないと,これができません。
被害者なのに相手方保険会社の対応に腹が立つから,もう自分で交渉したくないという依頼も多いです。通院先の医師が不親切な場合もあります。当事務所では,クリニックを紹介するなど,納得するまで治療してもらい,その後損害賠償請求をします。
何よりお願いしたいのが,任意保険の弁護士費用特約に加入することです。これに加入しておけば,重傷や死亡事案でない限り,弁護士費用は全て保険で賄われます。少額の物損事故であっても,過失割合に納得できなければ,弁護士費用を気にせずに裁判までできます。 私は特定の保険会社の弁護士ではありませんが,全ての弁護士費用特約は,自由に弁護士を選べます。

交渉・裁判費用

任意保険の弁護士費用特約に加入している場合 保険会社の基準
加入していない場合 着手金 損害額の5~10% 報酬 受領額の10~20%

解決事例

解決事例1

交差点で90度に正面衝突し,どちらも青信号だと主張。裁判の末,依頼者が青信号だったと認定。

解決事例2

死亡事案で相手方保険会社提示額が低すぎ,半年間の裁判の末,倍額で和解が成立

解決事例3

女性が被害者で相手方保険会社の対応にストレスを受け,依頼頂きストレスなく示談が成立

解決事例4

当初通院していた病院の医師が不親切で,医師を紹介して納得するまで治療し,相手方に損害賠償請求した事案

解決事例5

通院時から後遺障害等級に認定されやすいようアドバイスし,認定された事案

解決事例6

少額の物損事故だが過失割合に納得がいかず,弁護士特約保険を使って裁判し,納得する過失割合を得られた事案

解決事例7

私が事故状況や損壊状況から説明した事故態様の方が,相手方保険会社アジャスターが作成した事故状況報告書よりも,信用できると裁判所に認定された事案

ページトップへ戻る